24歳の妊婦さんは若い?第2子・第3子の産み時は?

夫婦で健やかハッピーになる

おてあて整体ヨガセラピスト 南雲ゆりえです。

 

img_0556.jpg

 

きのうはマタニティのお客さまへのプライベートヨガレッスンがありました*

 

もうすぐ妊娠8か月。

24歳のプレママさんです*

 

厚生労働省のデータによると今の第一子出産の平均年齢は30歳。

たしかに私のマタニティヨガに通ってくださる方々を見ても、30代以上の方がほとんどですね。

 

彼女の話によると、

まわりで同い年で妊娠しているお友だちも何人かいるけれど、みんな授かり婚で

ふつうに結婚してから妊娠したのは自分だけとのこと。

私自身も、26歳で妊娠しましたが、当時それでも会社などでは「早いね。」と言われた気がします。

 

でもデータをみてみると、30年前は20代半ばで出産するのが平均的だったのです。

hsn

(参照:内閣府 平成27年版 少子化社会対策白書

 

そして第二子・第三子出産の平均年齢をみてみると

第一子ほどの伸び率では上昇していないということが分かります。

 

価値観の多様化・女性の社会進出によって結婚・出産が後ろ倒しになる一方、

出産できる年齢にはリミットがあるのでこうゆう結果になっているのかと思われます。

2人・3人目は急いで産まないと!ということになるのですね。

 

 

時代が変わって医療が進歩しても、生殖に適した年齢は変わりません。

 

一人の子を妊娠し出産しひと段落つくのは数年がかり。

 

妊娠は、したいと思っても、すぐできる確証はないものですし

無事妊娠しても生まれるのは10か月後。

さらに出産後の体の回復や子育てに慣れるのにも半年~1年はかかると思います。

 

仕事のキャリアやプライベートの状況、年齢や体力を考えつつ

子どもは欲しいなら何人欲しいのか?何歳差で産みたいのか?

 

高校生や大学生のうちから、希望の人生プランを考えておくことは大切だと思いましたね。

 

IMG_1933.JPG

 

「子どもはいつかほしいけど、産んだら自由がなくなるから、まだ先でいい。

 

という言葉は結婚して間もない夫婦たちからよく聞きますが、

ほんとにそうでしょうか?

 

子どもを産んだ後でも、仕事はいくらでもできますし

子どもがいることで仕事ももっとがんばろうと思えます。

 

「いろいろやりたいことがある。自由に生きたい。」

そうゆう人ほど、子どもが生まれた後にはそれまで以上のモチベーションや力を発揮しだす気がします。

 

いまどき男性も子育てや家事をふつうにやってくれる世の中になってきているので

子どもを預けていくらでも趣味や遊びを楽しめますしね(^^)

 

 

身体的にリミットのあるほうを先に済ませる。

そうゆう選択は、社会人になって日の浅い20代の人にとってはしにくいというのもあると思います。

でもそれが許される、というか選択しやすい世の中になっていったらいいと思います。

 

 

 

 

~私のサロン~

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

IMG_9946.JPG 151114_151

3gatsuu

 

~イベント~

夫婦でもっと健やかハッピーに♪首肩こり&腰痛改善!お家でできちゃう「おてあて整体ヨガ」ワークショップ(詳細)
IMG_9990-300x225

【日時】
*初めての方は肩こりWSか夫婦WSをお選び下さい。全90分。

・3月8日(火)肩こりWS 10時45分~
・3月16日(水)腰痛WS 10時45分~
・3月24日(木)首こりWS 10時45分~
・3月25日(金)肩こりWS 12時~

・3月27日(日)夫婦OK肩こりWS 10時45分~

*日程が合わない場合、プライベートの一日集中講座もあります。

 

 

コメントを残す