生まれる前からママを見ている赤ちゃんたち。胎内記憶・誕生記憶

夫婦で健やかハッピーになる

整体ヨガセラピスト 南雲ゆりえです。

 

きょうは3.11から5年ですね。

生きていること、家があること、食べられること、安心して眠れること、

当たり前ではないそれらのことに感謝して

いま在る・有るからこそできることをしていきたいと思います*

 

 

さていまこの本を読んでいます*

IMG_2284.JPG

 

医学博士で、胎内記憶に関する研究をされている池川明先生の本です。

池川明先生のHP

 

ママ、生まれる前から大好きだよ!―胎内記憶といのちの不思議

新品価格
¥1,404から
(2016/3/11 07:13時点)

3601組の親子を対象としたアンケートでは、3人に1人の子どもに胎内記憶があったとのこと。

 

img02

 

img03

(引用元:http://www.premama.jp/tokushu/life_style/006/index.html

 

本には

お子さんが言葉を話せるようになってから

お腹の中にいたときの記憶・さらには生まれる前の記憶を話し始めた事例が多数紹介されています。

 

これらのエピソードは科学的には証明できないことですが

とても面白いので一部引用させていただきますね*

 

IMG_2288.JPG

 

~お腹の中の記憶~

 

“おなかのなかはふわふわしていたけど せまかった。”

“ゴーゴーっていつもうるさかった、いつもだれかとお話していた。”
(↑出産直前までお母さんは美容室で働いていた)

“先のとがったノコギリでジジジーってお腹切ったから出できた。”
(↑帝王切開のときの記憶。)

“ぐるんってまわって、よいしょって出てきた。”

 

 

~生まれる前の記憶~

 

“向こうの国には子どもたちがいっぱいいて、上から、あのママがいいとか、かわいい、やさしい、とかいってみんなで見ているんだ。”

“お母さんが中学生くらいのときから、お母さんを見守っていたの。この人なら信用できるかなぁと思ったから、お腹に入ったんだ。”

“お母さんとお父さんは子どもが生まれないとすぐけんかしたり離婚したりする可能性があった。だから、ぼくはそれを止めなくちゃという意味で生まれてきた。”

“病気で生まれるか元気で生まれるかを決めるのは自分。神さまは雲の上のまた上の教会にいて、元気に生まれるか生まれないかを子どもたちに聞いたり、

生れたあとの人(死んで戻ってきた人)には、良いことをしたか悪いことをしたか聞いたりする。”

 

IMG_2289.JPG

(娘が生まれたとき)

 

サロンにいらっしゃる子育て中のお母さまや、身の回りのママさんたちの話を聞いても、

たしかにこうゆうお話はよく伺います。

 

私自身も、3才の時に「もともとママとお父さんを選んでて、それで生まれてきたんだよ。」

と話し始めたと母が言っていましたね。

 

生まれる家も、親も、体も、

自分で選んで生まれてくるのかもしれませんね*

 

私は小さいころは小児ぜんそくがひどく、さらには小学生のころは先天性の心臓病が発覚して手術をしたりしましたが

そうゆう“病気”を選んだのは、

ゆくゆくこうして整体やヨガを通して人々に健康を伝えるためだったのだと思いますね。

 

不健康を知らなければ、健康は伝えられませんから。

 

IMG_2285.JPG

 

私の娘はなぜ私のところへやってきたのでしょうか?

 

生れる前の自分は、どうしてそれを選んだのか?

 

選んだ意味をちゃんと生かせるように、生きていけたらいいですね(^^)

 

素晴らしい週末にむけて、お過ごしください♡♡

 

 

~私のサロン~

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

IMG_9946.JPG 151114_151

3gatsuu

 

~イベント~

夫婦でもっと健やかハッピーに♪首肩こり&腰痛改善!お家でできちゃう「おてあて整体ヨガ」ワークショップ(詳細)
IMG_9990-300x225

【日時】
*初めての方は肩こりWSか夫婦WSをお選び下さい。全90分。

・3月16日(水)腰痛WS 10時45分~
・3月24日(木)首こりWS 10時45分~
・3月25日(金)肩こりWS 12時~

・3月27日(日)夫婦OK肩こりWS 10時45分~

*日程が合わない場合、プライベートの一日集中講座もあります。

 

 

コメントを残す