美味しい母乳を出すには?妊娠中からできること。

夫婦で健やかハッピーになる

整体ヨガセラピスト 南雲ゆりえです。

 

先日、マタニティヨガとマタニティ整体に通ってくださっていたお客様から

無事にご出産されたとのメールをいただきました*

心より、おめでとうございます。

 

でも「入院してからほとんど寝てなくてフラフラです・・

母乳をすすめる産院なのですが母乳が出なくて困っています(><)

母乳に良いお茶を飲んだり、3時間おきにマッサージと授乳をしたりしていますが

全然なんです・・・(T-T)」 とのこと。

mothersmilk_p2

~母乳が出る仕組み~

赤ちゃんがおっぱいを吸うと、その刺激がお母さんの脳下垂体に伝わり、プロラクチンとオキシトシンという2種類のホルモンを分泌させます。
プロラクチンは母乳を作り、オキシトシンは子宮を収縮させ、乳腺を囲む筋肉を収縮させて母乳を送り出す働きがあります。(画像元・参照:サン・クリニックHP

 

~母乳のメリットとは?~

・赤ちゃんのための栄養や免疫物質が豊富

・触れ合うことで親子のきずなが深まる

・夜のミルクづくりがなく楽

・カロリー消費で母体のダイエット効果

・母体の子宮が早く元の状態に戻る

img_2495.jpg

私自身の経験では、出産した産院において母乳とともにミルクも混合でとりいれることをお勧めされていました。

母乳は栄養源もパーフェクトと言われ、それ以外にもさまざまなメリットがありますが、

最近のミルクは、母乳を参考にして必要な栄養素を赤ちゃんに与えられるよう開発されているそう。母乳にはない利点もあると思います。

うちの娘はミルクも美味しそうに飲んでいて好きだったのと、外出先や人に預けるときにもミルクのほうが便利だったので、退院してからも母乳とミルクと半々で育てていましたね。

img_2497.jpg

母乳のことで悩む方は多いと思いますが

一人で気負いすぎてストレスになってしまわないように、助産師さんの指導を受けたり、母乳相談ができる施設へ行ってみると良いのではと思います。

 

HAPPY妊娠・出産ガイドBOOK

医師監修のこちらの本に、おいしい母乳が出やすくなる妊娠中からできること

が書いてありましたので一部引用させていただきますね*

 

~母乳を出すために心がけることは?~

・バランスの良い食事

・小まめな水分補給

・血行を促進する

・おっぱいを締め付けない下着を着る

・体を冷やさない

・乳頭マッサージで吸いやすい乳首をつくる

 

~美味しい母乳をつくる食事~

img_2493.jpg

・和食中心の一汁三菜

・温かいノンカフェイン茶や白湯

 

~母乳の原料である血液。血流UPと冷え対策~

・首・手首・足首の3つの首を冷やさない

・手足を温める

・胸の付け根や肩甲骨を動かすストレッチなど

・締め付けない下着

 

その他、お医者さんや助産師さんの母乳関連の記事で参考になりそうなURLを載せておきますね。

助産師が教える!一人目と二人目、母乳の出の違い|AMOMA

母乳育児のトラブル – Baby+

いいこといっぱい、母乳育児 – Baby+

 

妊娠中の方の参考になりましたら幸いです。

 

be0940e5-9eb5-4a53-8edd-14013e06b6f1.jpg

最近のマタニティヨガと産後ママヨガの様子(^^)♡

 

きょうも愛あふれる素敵な一日となりますように。

 

ゆりえ

 

 

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

151114_131 151114_038

 

夫婦でもっと健やかハッピーに♪パートナー整体教室 オテアテ
IMG_9990-300x225