「産後うつ」にならないために!妊娠中からできること♡

幸せな結婚生活を、一生続けよう!

専業主婦でサロンオーナーセラピスト 南雲ゆりえです。

 

妊娠6ヶ月となり、もうマタニティライフも後半となってしまいました。

img_3823.jpg

(きのうは母とランチへ行ってきました*)

 

私はサロンを自営しているのですが、産後1か月後には週4日・1日4時間ベビーシッターさんの協力を得て仕事復帰する予定です。

151114_095

「産後1ヶ月で復帰!?ムリしないでね!」と、お客さまや友人からも言っていただきますが、

 

私にとっては、産後ずっと赤ちゃんのお世話にかかりきりになる生活のほうが、自分にとって辛くなるということが目に見えているのです。

 

img_2497.jpg

第一子の娘を出産した時がそうでした。

臨月まで会社員としてフルタイムで働いていた私は、産休に入った後も引っ越し準備などで、出産ぎりぎりまでバタバタと忙しく過ごしていました。

 

それが生まれたとたん、それから約1年間の「育休」となり、

一日中家にいる生活になりました。

 

産後は引っ越しもあり、新しい地域には知り合いもいなくて、

子どもを連れて一人で外出する勇気もあまり出ず、

自分の友人たちより若めに出産してしまったので、同じ境遇の友達もあまりおらず、

ママ友って怖そう・・という不安もあり新たに友だちも作れず、

夫は遅くまで仕事なので24時間ひとりで子どもの相手をし、

それまでは共働きだったのに、夫と世界観が離れすぎて話が合わなくなり喧嘩が増え、

授乳と抱っこで、首肩こり・腰痛が重症化し、膝まで痛くなり家の階段を登るのもつらい毎日でした。

 

もともと子ども慣れもしていないので、

言葉の話せない赤ちゃんとの生活は

幸せというより

つまらないもの。

としか思えませんでした。

 

「子どもが生まれたらもっと幸せになれる。」

今となっては、その通り!子どもに恵まれ本当に良かったと思っていますが

当時の私は、「なんでこんな苦労してまで子どもを育てなきゃいけないんだ・・。」

と心底で思っていましたね。

顔は笑っていても、心のなかはいつもイライラして、怒っていたのです。

 

今思えばきっと、産後うつ気味だったのだと思います。

 

img_1879.jpg

産後うつ。

産後女性の約1割が産後うつになっているともいわれ

妊産婦自殺:10年で63人…東京23区 産後うつ影響か – 毎日新聞 こうゆうニュースもありましたね。

 

~妊娠中から私がしている「産後うつ」対策~

一人目のときの失敗をふまえて、私が産後に気持ちが落ち込まないように過ごすために

いまから備えていることをご紹介しますね*

一人目出産の方の参考になりましたらと思います。

 

夫に産後の大変さを予測して伝えておく
・産後は家事も料理もおろそかになることを伝える。
・「産後、ぜったい腰痛ひどくなりそうで心配だなぁ・・」「だから週1で整体通わせてもらうね。その間、子ども2人見ててね*」と伝える。

産後の体のケア先の確保
・産後は父のやっている整体サロンに通う予定で、回数券購入。首こりによる産後うつを防ぎ骨盤調整をして回復を早める。
・産後の体の回復に良いと言われる韓国の「よもぎ蒸し」ができるセットを自宅用に購入。
・産後1ヶ月でヨガのインストラクターとして復帰するため、自分の運動・セルフケアについてはOK。

子育て支援先を確保
・産後1ヶ月は、毎日実家の母に来てもらい助けてもらえるようお願い。
・産後1ヶ月~子どもが1歳半になるまで、平日はベビーシッターさんに数時間子どもを見てもらう契約済。
・食事や家事のヘルパーさんが必要になることを想定し、依頼先を探し中。

産後に気分が上がる服を用意
・産後1ヶ月は家の中で生活するため、可愛いルームウエア&授乳下着などを購入。ベルメゾンとかおすすめです*
・産後1ヶ月以降の外出時に着るおしゃれ授乳服を購入。

子育て対策を習得
・産後にはじまるきょうだい育てなど、子育てに関するノウハウを学んでおく。

妊娠中をエンジョイする
・産後にあまりできなくなるであろう優雅ランチなどをいまのうちに楽しんでおく。

img_3844.jpg

 

専門家が監修した参考になる記事も見つけましたので

リンク先ご紹介&一部引用いたしますね*

 

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」

「「うつ」をやわらげて、長引かせないための一番の方法は、人と一緒に育児をすること、人に頼ることです。」

10人に1人といわれる「産後うつ」 その特徴と対策

「産後うつになるタイミングは人によってバラバラで、出産直後すぐに症状が出る人もいれば、産んでから半年以上も経ってからという人も。また、1人目の時にはならなくても、2人目、3人目の時になるということも珍しくありません。」

「産後うつになるかも」 産前から家族に伝えておく

「産後うつが特別なことではなく、自分もなる可能性があることを最初から旦那さんに告げておきます。そうやって、まず旦那さんにとっての産後うつへのハードルを低くしておきます。」

 

その他、授乳や抱っこによる「首こり」が産後うつに関連しているという情報も、整体の本に書いてありました。

 

なるべく産後に体と心が元の状態にもどり楽しく子育てができるように

その他にもできることはないか?探し中です。

 

何かアイデアがあったら、ぜひ教えてくださいね(^^)

今日も良い一日となりますように・・・♡

 

ゆりえ

 

 

 

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

151114_131 151114_038

 

夫婦でもっと健やかハッピーに♪パートナー整体教室 オテアテ
IMG_9990-300x225