「小さく産んで大きく育てる」は間違い。妊娠8ヶ月の体と、健康な正期産を目指そう♡

幸せな結婚生活を、一生続けよう!

専業主婦でサロンオーナーセラピスト 南雲ゆりえです。

 

妊娠9ヶ月に入ったので、妊娠8ヵ月のまとめをしたいと思います*

★過去の様子はこちら→妊娠2ヶ月妊娠3ヶ月妊娠4ヶ月妊娠5ヶ月妊娠6ヶ月妊娠7ヶ月

 

~妊娠8ヵ月の体の変化~

img_5402.jpg

一般的な体の変化はこちら

All About 妊娠8ヶ月のママの症状

赤すぐ 妊娠8ヶ月の妊婦さんの状態

 

私の体の変化は・・・

妊娠28週~ 検診で貧血と診断され鉄分の薬などを処方される。それから食事にいっそう気を付けたせいか、体調も良く、ランチやキッズテーマパーク、花火大会など、家族や友人と割とアクティブに出かけられる。お産に備え、会陰マッサージを始める。

妊娠29週~ 妊娠後期ということで、念のため張り止め薬を持ち歩きながらも、まだ使うことはなく体調も良い。清里へ車で旅行に行った。

妊娠30週~ 旅行疲れから娘が高熱&不機嫌になり、その世話によるストレスからお腹の張りがひどくなり一気に体調が悪くなる。検診で張り止めをこまめに飲むよう言われる。重たいものを持つのが辛くなり、買い物は主人にすべて任せるようになる。娘の習い事で電車で通う場所へは疲れて行きづらくなる。

妊娠31週~ 2週に1度通っていたマタニティ整体に毎週行かないと背中や腰が辛くなる。睡眠が浅くなり夜明け前に目が覚め、昼間に眠くなる。一日に何度もお腹が張り、張り止め薬が手放せない。朝食づくりや土日の家事は主人にほぼお願いするようになる。家から45分以上離れた場所へ行くのを控えるようになる。妊娠初期に買った妊婦用腹巻がきつくなる。意識して姿勢を保たないと反り腰になる。

などなど。

3350210a-12ef-4c6f-ab8e-ecab3b5bd978.jpg

さすがに妊娠8ヶ月の後半になってくると、不調が出はじめたため、

薬や食事、セルフケアや整体を受けたりなどのメンテナンスをいっそう手厚くし始めました。

とはいえ自由に動ける最後の時期でもあるので、友人や母とランチへ行ったり、思い残すことのないよう活動♪(^^)*

c42ddb6d-610e-4cf2-8429-e24d9e578334.jpg

産婦人科医の高尾美穂先生の産後の体の仕組みを学ぶセミナーや、東京マタニティスクールの子育てセミナーなど

産後に子連れでは行きづらくなる勉強会へ参加もできて良かったです。

 

49b70e45-a4c3-41f0-8f14-b982389f32c2.jpg

一方サロンでのヨガレッスンや整体施術のお仕事も、意外と通常通り行ってきましたが

仕事後は横になって休むよう、バランスを心がければ全く問題ないです。

 

施術は今月末までですが、立っていて辛いというようなこともないですね。

ヨガレッスンは予定日の1週間ほど前までご予約が入っていますが(早産や私の体調によってキャンセルさせていただくこと前提で承っています)

それも私にとっての安産へ向けた体づくりにもなっているので有り難いです(^^)

4年前会社員の時は通勤がとても大変で早く産休に入りたいとばかり思っていましたが、今は自宅サロンなのでそのストレスもなく

むしろサロンには産前産後の女性もたくさん来てくださっているので、話もはずみとても楽しく、感謝でいっぱいです(^^)*

 

~赤ちゃんの体重とママの体重~

 

さて9ヶ月、もう32週に突入しました。

産んでもOKな37週の正産期の時期まであと5週間です。

終わりが見えてきたマタニティ期なのですが、実はまだまだ油断はできません。

 

産婦人科医の高尾美穂先生のセミナーでも学ばせてもらったのですが

今は「小さく産んで大きく育てる時代じゃない!」とのこと。

 

teitaijyu_2

さいきんは3000㎏未満で産まれる赤ちゃんが増えているそうですが

低体重(2500㎏未満)などで産まれてしまうことで、子どもの将来にわたる健康に様々なリスクがともなってしまうと言います。

(参照:妊娠、出産にまつわるデータ集:第1回 「小さく産んで大きく育てる」は間違い?低出生体重児のリスク

 

できれば3000㎏前後の状態までお腹で育み産んであげることが理想。

妊娠37週0日~41週6日の間の5週間の間にお産があることを「正期産」といいますが

この時期に生まれた赤ちゃんは、体の各機能も十分に成熟しているので、母体の外での生活にもスムーズに適応することができます。

そのためには妊娠中から健康的な生活を送り、早産を防ぎ

そして日本人は痩せすぎの場合が多いのですが、妊娠前の体型・BMIを意識した望ましい体重増加量にしていく必要があるとのこと。

(参照:画像元妊娠中の体重増加は

bmi92l82c691cc8fd919d89c182cc96da88c0

 

生産期まであとすこし、気を抜かずに生活していきたいと思います(^^)

妊娠中やこれから授かる女性になにか参考になりましたら幸いです*

 

良い一週間をお過ごしくださいね。

ゆりえ

 

 

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

151114_131 151114_038

 

夫婦でもっと健やかハッピーに♪パートナー整体教室 オテアテ
IMG_9990-300x225