子育て5年目に思うこと。3歳までが大切な理由は♡

幸せな結婚生活を、一生続けよう!

専業主婦でサロンオーナーセラピスト 南雲ゆりえです。

 

先日、娘の4歳のお誕生日を迎えることができました。

img_6250.jpg

私たち夫婦も、親としてこれから5年生になるのかと思うと

早いですね(><)

 

私はもともと10代のころから子どもが早く欲しくて、そのためにちょっと急いで結婚したほどでした。

当時あまり健康管理がうまくできておらず、なかなか妊娠できないことが悩みだった私にとっては

「やっとこの子が生まれてくれた」

そのことだけで、人生の夢がほぼ全て叶ってしまった、というくらいのことでした。

 

子どもという存在自体は好きだし、自分以外の人の子を見ても可愛く感じるほうです。

でも子育てがはじまってみて気が付いたのですが

正直言って子どもの「世話」をすることは、あんまり楽しいと思えなかったんです(^^;)

 

乳児期は母乳をあげ、ミルクをあげ、おむつをとりかえ、お風呂に入れて、

毎日同じことの繰り返し。

きっと子どもに慣れている人にしてみたら、子どものふとした表情などから日々成長を感じたり楽しいのかもしれませんが、

もともと一人っ子でそれまでの人生でも全く子どもと接したことがなかった私は、そうゆうわが子の微妙な変化すらよく分かりませんでした。

がんばればがんばるほどすぐ結果が出る勉強や仕事と違って

24時間フル稼働しているのにあまり成果も感じられず、ちょっとつまらなく感じていたのです(^^;)

 

2~3歳のイヤイヤ期では

すぐ散らかる部屋を片付け、同じことを何度も注意し、

お友達とけんかをしたり癇癪を起こすのをのをなだめ、

あいさつができないことを悩み、名前が言えないことを悩み、

幼稚園に入ってみても

「うちの子は遅れていないか?」と心配する毎日に・・・(^^;)

 

でもさいきんになってやっと、不思議と子育てが楽しくなってきましたね。

img_6246.jpg

私の主人は4人兄弟です。

タイプも違って個性も強い4人の子を育て上げてきた義理の母は、私にとって尊敬する存在です。

以前から、子育てに翻弄されている私をみては

「3歳すぎたら子育てはすごく楽になるから、あっという間よ~(^^)」

と義母は言ってくれていました。

 

たしかに4歳になってみるとその通りな気がします。

大人やお友達と意思疎通もできるようになり、場の空気や人間関係の機微も感じられるようになっている様子。

まだ子供なので、わがまましたり、ご機嫌が悪いと周囲を困らせることもたくさんありますが

冷静になったときにあとから注意すれば理解するようになりました。

集団生活の中でいろんなタイプの人と接することで彼女自身のキャラクターも出はじめ、

習い事などもはじめたりいろんな体験を重ねるなかで、好きなものに熱中したり「彼女らしさ」が花開いてきたように感じます。

 

なるほどです。

大人になる中で、人はたくさんの夢を叶えていきます。

「何をしたいのか?」「自分はどう表現して生きていくのか?」

大げさかもしれませんが、その人生の旅路をスタートし始めるのが

自我が芽生え自己表現もある程度できるようになる4歳くらいなのかもしれませんね*

 

そう考えてみると、その土台作りとなる3歳までの時期は、

芽が出ないように見えても、実はすごく大切な期間なんだなぁ・・・といまさらながら実感しました。

育児書に「3歳までが勝負!」とか書かれている理由も、その期間に受けた愛情や刺激がもととなり、その後に才能が出てくるということなのでしょう。

私のこれまでの子育ては、とても不器用で、もがき苦しみながらでしたけど、

第二子の子育てでは、その失敗を生かして、芽が出るのを楽しみにしながら、余裕をもって育てられたらと思います。

img_6148-1.jpg

私のサロンでは、お子様連れOKの産後ママヨガをやっているのですが

やっぱり小さなお子さんを持つお母さんたちは、たくさんの悩みがあるようです。

 

「うちの子まだ寝がえりできないけど大丈夫かな・・?」

「同じ月齢なのにあの子はすごく成長しているようにみえる・・」

 

自分も同じように悩んできましたが

振り返ってみれば、子どもの成長度合いなどそんなに気にすることはなかったと思うのです。

 

だって、身の回りを見渡してみたら

みんな普通に大人になって生活しているでしょう?(^^)

歩いたり走ったり、ひらがながも漢字もふつうに読めるようになります。

ほとんどの人が大人になったらできているようなことは、

焦って教え込んだりしなくても大丈夫なんです。

 

そしてきっとその先の勉強も、仕事も、人柄も、

自分の親が取り組んでいるのを見て、それと同じようにはできるようになると思います。

img_6247.jpg

子どもに学ぶ機会や刺激を与えることはとても大切。

けどそれをどう吸収するかはその子のペースだから、与えた後は手放していいんだよね。

ということが、分かってきたこの頃。

 

それよりもまず親が自分自身を磨くこと。

自分たちはちゃんと人として成長できているのか?
人を傷つけていないか?
世の中のためになることしているのか?
いま幸せなのか?

子どものことよりも、そっちを心配して日々反省し努力して生きていくこと。

それを見て子どもも自分らしく幸せに成長してくれたらいいんですね。

子育てを通して人生の初心にかえらせていただいた気がします。

 

きょうも良い一日となりますように・・・♡

 

ゆりえ

 

 

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

151114_131 151114_038

 

夫婦でもっと健やかハッピーに♪パートナー整体教室 オテアテ
IMG_9990-300x225