産後1ヶ月が勝負。スピード仕事復帰に向けて身体を回復させる、入院中からの過ごし方。

幸せな結婚生活を、一生続けよう!

専業主婦でサロンオーナーセラピスト 南雲ゆりえです。

 

産後2ヶ月半が経ち、仕事に復帰してから1ヶ月ちょっと経ちます。

 

私は整体とヨガのプライベートサロンを営んでおり、小さなサロンなので営業時間は限られていますが

妊娠中は次女を出産するぎりぎりまでほぼ通常通り営業し、産後は1ヶ月からサロンを再開していました。

 

産後1ヶ月で復帰すると言うと

「本当に大丈夫!?」「無理しないでね・・」

など心配されることが多く、自分自身も少し不安に思っていましたが、幸いにも周囲の方々のサポートのお陰で母子ともに健やかな状態で毎日生活することができています。

結果的には、産後1ヶ月の仕事復帰は、自分にとってとても良いスケジュールとなりました(^^)♡

img_6979-2.jpg

そもそもなんで産後1ヶ月で仕事に復帰したかったのか?

そのきっかけは数年前、通っていたネイルサロンのオーナーさんの話を聞いたことでした。

 

そのオーナーさんも一児のママさんだったので、ネイルをしてもらいながら、出産話のあれこれを話していました。

当時は私も会社員からサロン業に転身したばかり。

自営業の場合の産後の仕事復帰ってどんなかんじなんだろう?と単純に疑問に思っていたので聞いてみました。

 

「出産後はいつから復帰したんですか?」

すると、なんと・・・

「産んで1週間後にはもうお客さまにネイルしてましたよ~(^^)♡」

との答え!

しかも無理してがんばってという感じではなく、楽しんで自ら進んでという感じのニュアンス。

 

当時の私はびっくりしすぎて目がテンになってしまいました(・―・)

1週間で復帰とか本当にありえない・・

 

なぜなら私は長女を出産した時、(会社員だったので育休をいただいており)

ちょうど新居を建てている最中だったため、里帰り出産から家が完成するまでの約6ヶ月間も実家でのんびり暮らさせてもらっていたのです。(^^;)

 

当時は慣れない育児で毎日てんやわんや。

デスクワークでもともと運動不足だった私は、産後の体の回復もあまりスムーズではなく、お産による体のダメージに加え、育児により肩こり、首こり、腰痛持ちに・・。

さらに軽い産後うつ状態にもなっていました。

 

子どもが産まれるまでは、毎日働き、仕事が終わったら趣味の習い事に通い、外食に行くのも大好き、

まさに自分のためだけの自由を謳歌する生活をしていたのが一転。

24時間、生まれたばかりの子と過ごし、誰とも合わない、しゃべらない日々。

 

とくに実家から新居に移り住んでからは、慣れない土地で子どもをつれて外に出ることに不安もあり、ほとんど家に引きこもっていました。

主人は育児に協力的でも、平日は帰りが遅いので土日以外は顔を合わせることもほぼなく、今の言葉で表すならワンオペ育児状態。

あるとき娘が泣き止まないときに、プツンと気が切れてしまったことがありました。

(その時、何かおかしいと感づいた主人が、義理の母にヘルプを要請してくれたおかげでなんとかなりましたが)

12705429_921895291239535_3467693105307908007_n

不妊に悩みやっと授かった子どもを育てられることは、何にも代えがたい幸福でしたが

もともと常に外で活動していたいタイプの私にとって、生まれて間もない赤ちゃんと家の中で過ごすばかりの生活は、

逆に精神のバランスを不安定にするものとなってしまっていたのでした。

 

なので、ネイルサロンのオーナーさんが早く仕事に復帰したという話は

あり得ない・・・と思った反面、私にとって希望にも思えたのです。

そして「私ももし次の子を授かったら、できるだけ早く仕事に復帰してみたい。」

という憧れからチャレンジへの決意につながったのでした(^^)*

 

そして、それを叶えるために第二子の妊活中から、少しずつ情報収集をはじめました。

 

まずは産前産後の体について産婦人科医の先生や助産師さんのセミナーへ足を運んでしらべたところ、

産後1ヶ月間は「寝た状態」で過ごし、それ以降は少しずつ家事や運動を始めると良いとのこと。

幸い自分のサロンで提供しているヨガレッスンは、自分の産後の体の回復にも良さそうです。

もし第二子を妊娠・出産したら産後1ヶ月で復帰しよう、と決定しました。

 

さらにその場合は第二子の預け先が必要です。

保育園も検討しましたが、生まれたての子を保育園で集団生活させるのは少し心配でした。

せっかく家でサロンをやっているのでその利点を生かし、ベビーシッターさんに別室で見てもらうのはどうか?と思い立ち、探してみました。

幸運にも近所で活動されている経験豊富なシッターさんのHPを発見☆彡しかもブログから温かい人柄が伝わってきました。

もし妊娠したら、すぐにこの方に連絡してみよう!と決めました。

そして妊娠が分かってすぐに連絡をしてみたところ、幸いにも定期のシッティング契約を結ばせていただくことができました。

 

預け先が確保できれば、あとは自分の体の回復さえうまくいけばきっとスムーズに進むはずです。

産婦人科の先生の講演で、このようなことを耳にしました。

「毎日の健康的な生活が、自然妊娠につながり、

妊娠中の健康な生活が、安産につながり、産後の回復にもつながる。」

産後の回復を早めるため、妊娠中から食事・運動・生活習慣に気を配ってみました。

おかげで妊娠中はとくにトラブルもなく、出産も超安産でした。

 

あとは入院中から復帰までの5週間、(予定日より出産が1週間早まったため復帰までが少し長くなりました*)

いかに体の回復を促せるかが勝負です。

img_1863

 

~できるだけ早く仕事に復帰するために入院中から私がしたこと~

個室を予約
経産婦の産後の入院期間は5~6日ほど。
家に帰ったら怒涛の日々が待っているため、この短い期間でできるだけリラックスして過ごせるように、個室が充実している産院を選びました。

夜しっかり睡眠をとる
私の出産した産院では、体調に応じて夜は赤ちゃんを預かってもらうことができたため、毎日次女を預けてしっかり睡眠を確保しました。
退院したら否が応でも夜中に何度も授乳をしなければならないため、入院中は安眠を満喫。

温める服装を工夫する
産後は傷があるため1ヶ月間入浴ができません。
そのため腹巻き、レッグウォーマー、五本指ソックスを身につけ、腰の後ろとお腹の両面にホッカイロを貼り付けて、24時間徹底的に温活を意識しました。

↓産院へ持参した温めグッズたち
img_1780

白湯で内臓から温める
ケトルを入院部屋に持参して、こまめに白湯を飲むようにしました。

脚のマッサージ
産院から電動のふくらはぎマッサージ機を借りて、産後にむくみやすくなる‟第二の心臓”ふくらはぎの血流を促しました。
産院がやっているアロマのフットリフレクソロジ―のサービスも利用。睡眠時に使える着圧ソックスも持参。

img_6625-1.jpg

アロマでリラックス
個室部屋では、アロマディフューザーを持参して好きなアロマの香りを広げておきました。
香りの効果で脳からリラックス。副交感神経UPにつなげます。

体の保湿
出産で一気にしぼんだお腹の皮膚や、出産後のホルモンバランスの変化でカサカサになる肌の保湿用として、妊娠中から使っていたオーガニックオイルで暇さえあれば全身保湿。
img_1773

産褥体操
お産で損傷する骨盤底筋を回復させるため、産後すぐからできる産褥体操を朝晩行いました。

脱スマホ
スマホを見たり難しい考え事などをすると頭部に血流が集中してしまい、体の回復の妨げになるため極力ぼ~っとして過ごしました。テレビも見ませんでした。

 

・・・とまあ、こんな感じで、入院中はこれでもかというほど体を労わって過ごしましたが

これらの心掛けが功を奏し

「子宮の戻りがすごく早いですね。」とか

「腹巻き、五本指ソックス、え、ホッカイロまでつけてるの・・・!?南雲さん、エライエライ。これすごく理想的ですよ~」

などなど助産師さんに入院中の検診のたびに毎日褒めていただきましたね(^^)笑

 

退院してからの残りの4週間は、やはり長女の世話などでどうしても入院中ほどゆっくりはできませんでしたが

1日の半分以上、だいたい15時間くらいは、主に骨盤底筋をはじめとした体の回復のため

「寝た状態」でいることを意識して過ごしました。

また出張で来てくれる産後専門の整体師さんを探して、退院した次の週から骨盤矯正をお願いしたりしていました。

 

そしていよいよ産後6週間目の仕事復帰。

思った以上に体が軽やかに、動かしやすく、自分でも驚いたのを覚えています。

ヨガレッスンのお仕事も、むしろ回復に役立ち、

産後7週間くらい経つと、仕事の感覚や一日のタイムスケジュールにも慣れてきました。

151114_150

次女の方も、一日数時間ベビーシッターさんと過ごすことにはすぐに慣れ、

抱っこしてもらったり歌や絵本を読んでもらったりして

私と過ごす時よりも至れり尽くせりの至福のひとときを過ごしている様子です*

 

そして何より、私の精神状態がとても良いことを実感しましたね。

 

産後は確かに、体も心もデリケート。

一つの命を身ごもり、お腹の中で10ヶ月もかけて育て、それを産みだすのですから、

それは大変な「変化」です。

 

でもそこから元の元気な自分に回復させていく方法は、人それぞれ。

 

自分にとって無理のない、そして心地よいやり方を探っていくこと、

そのことへ今回第二子で、チャレンジできたのは、

とても良い経験となりました。

 

これからいつか出産する方にとって、なにか参考になれば幸いです。

 

ゆりえ

武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ

151114_131 151114_038

夫婦でもっと健やかハッピーに♪パートナー整体教室 オテアテ
IMG_9990-300x225